国立市との協働事業

女性の人権と自立を保障する地域づくり!

国立市との協働事業

貧困や暴力などの様々な困難を抱えた女性を包括的に地域で支援するしくみ、連絡協議会を立ち上げる。

第一回(仮称)「女性の人権と自立を保障する地域づくり連絡協議会」準備会

・日時2017年6月1日(木)午前9時30分から10時30分

第二回(仮称)「女性の人権と自立を保障する地域づくり連絡協議会」準備会

・日時2017年8月8日(火)午前9時30分から10時30分

 

経過

2014年…貧困等の困難を抱える女性の支援のための居場所づくりとマイク口ファイナンスをテーマに国立市と「くにたち夢ファームプ口ジ’工ワ卜」の共同研究会発足。

2015年…研究結果を実践するためにNPO法人「くにたち夢ファーム」設立。

同時にWAM社会福祉振興助成事業に申請、選ばれる。
(※厚生労働省の外郭団体であるWAM(独立行政法人福祉医療機構)の助成の特徴は…先駆的な実践のサポート、掘り起こし、行政や地域との連携も重要視)。

10月、国立市西地域に活動拠点として部屋をかりる。

12月、地域に聞かれた女性とこどもの居場所「Jikka」がスタート。

2016年…2月、国立市と共催で「女性が困難から立ち上がるときに地域でできること」シンポジウムを一橋大学で開く。

二年目もWAM助成事業に申請、選ばれる。

夏休み、冬休み…こども朝ごはん(国立市こどもの居場所づくり補助金を活用、遠藤さん呼びかけ、実行委員会形式)。

国立市から休日及び平日夜間女性総合電話相談事業を受託する。

2017年…3月、国立市とJikkaスタッフで「今後に向けての連携のあり方」をテーマlこ懇談会が聞かれる。

春休み、こどもの朝ごはん事業実施。

三年目も、WAMの助成事業に申請、選ばれる。